2021年7月26日にJaronによって公開されましたJuly26, 2021

Photoshopはピクセルアートを作成するためのツールとして広く知られていません。 しかし、それは正しい設定で行うことができます。

これらの手順は、Windows10上のPhotoshopバージョン22.4.3を使用して記述されています。

鉛筆ツールはあなたの友人です。

つまり、”ピクセル間”を描画し、部分的な透明度を作成できます。 これは、高解像度で滑らかなラインのために素晴らしいですが、それはあなたがピクセルアートのために必要な制御を与えるものではありません。

代わりに、鉛筆ツールを使用してください。 100%の不透明度では、鉛筆ツールはすべてまたは何もありません–それはすべての方法でピクセルを塗りつぶすか、そうではありません.

また、ブラシのサイズを1pxに設定してください。 これを行うには、ブラシ設定ウィンドウで、またはツールバーにブラシサイズが1になるまで左括弧”[“キーを押します。 基本的なブラシのほとんどは、このサイズでダウンしているときと同じように動作するので、他の設定についてあまり心配する必要はありません。

鉛筆ツールが見つからない場合は、ブラシツールをクリックしたままにして、そのバリエーションを表示します。

消しゴムも鉛筆モードに設定します。

Photoshopには2つの基本的な描画ツールがありますが、消しゴムは1つだけです。 デフォルトでは、それはあなたのピクセルの透明度の一部を消去することができ、ブラシのように動作します。 幸いなことに、ツールバーから鉛筆モードに切り替えて、代わりに鉛筆のように動作させることができます。

消しゴムも必ず1pxのサイズに設定してください。

ズームイン!

個々のピクセルを操作するには、アップクローズと個人的な取得する必要があるとしています。 作品によっては、私は通常、少なくとも1000%のズームレベルで、時には2000%の高さで作業します。 私は通常、Altキーを押しながらマウスホイールでスクロールしてズーム(またはMacを使用している場合はオプションとスクロール)しますが、それを行うには他の

私はまた、その意図された表示寸法であなたの仕事を確認するためにたまにズームアウトすることをお勧めします。 ズームアウトすると、クローズアップでよく見えるものが実際には機能しないことがあります。 あなたはすべての時間をズームインとズームアウトのファンではない場合は、ズームアウトバージョンをプレビューするには、ナビゲータウィンドウを使用す ウィンドウ>ナビゲータの下でそれを見つけます。

ピクセルグリッドをオフにします(必要に応じて)。

デフォルトでは、500%を超えて拡大するとピクセルグリッドが表示されます。 これは、いくつかのアーティストのために有用かもしれないが、私は個人的にそれを好きではありません。 これをオフにする(またはオンに戻す)には、表示>表示>ピクセルグリッドに移動します。

PSDとして保存し、PNGとしてエクスポートします。

早く保存し、頻繁に保存します。 私はあなたが持っているかもしれない任意のレイヤーやフィルタを維持することができますので、ネイティブPSDファイルとして各作品のマスターバージ

しかし、他のソフトウェアであなたの最終的なアートワークを使用するには、おそらくあまりにも、別の画像形式にエクスポートする必要があります。 私がお勧めするのはPNGです。 それはあなたがそれを保存したり、再びそれをロードするときに、任意の画質を失うことはありません意味、ロスレス形式だし、それは透明なピクセルを Photoshopには、File>Export>Quick Export as PNGを使用してこれを行う簡単な方法があります。

ビデオ例

下のビデオでは、私は私のカードゲームプロジェクトの一つのためのいくつかのピクセルアートに取り組んでいるように、私は最初から最後まで私のプロセスを示しています。 12:28にスキップして、ピクセルにまっすぐに入りたい場合は!

この投稿を評価する

評価を提出

平均評価/5. 投票数:

これまでのところ投票はありません! この投稿を最初に評価してください。

この投稿を改善するにはどうすればよいですか?

フィードバックを送信

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。