2021年7月1日から2021年9月30日まで、購入の最初の£250,000は印紙税から免除されます。

最初の家を購入するか、より大きな不動産に移動するか、追加の住居を確保するかにかかわらず、休日はあなたが支払わなければならない印紙税の額 あなたが支払う印紙税を決定するために多くのオンライン計算機があります。 私たちは常に政府のHMRC計算機に依存しています。

以下のガイドでは、初めての購入者、主な居住地を交換する人、追加の不動産を購入する人、および英国以外の居住者の印紙税の計算方法を説明しています。

誰がイギリスで印紙税を支払い、誰が免除されていますか?

£250,000以下の一次住居を購入する英国の居住者は、1st Julyから30th September2021まで印紙税を免除されます。 £250,000以上の価格のプロパティについては、いくつかの印紙税はまだ支払われます。

プロパティの価格が£250,000を超える場合、この数字と合計価格の差に起因する義務があります。 所得税と同様に、税率は「階層化された」構造で比例して計算されるため、支払う税率は不動産価格の合計に依存します。

初回購入者の印紙税:

2021年7月1日から9月30日まで、初回購入者は物件の最初の£300,000に対して印紙税を支払うことはありません。 初めての購入者のための税バンドは次のとおりです:

プロパティ値 SDLTレート
300,000円以下 ゼロ
次の£625,000(£300,001から£300,001の間の値)£925,000) 5%
次の£575,000(£925,001から£1.5百万の間の値) 10%
残額(1.5万円以上の金額)) 12%

購入者の主な居住地を交換する:

2021年7月1日から9月30日までの一次住居を交換する者の印紙税の帯は以下の通りです。:

プロパティ値 SDLTレート
最大£250,000 ゼロ
次の£675,000(£250,001から£250,001の間の値)£925,000) 5%
次の£575,000(£925,001から£1.5百万の間の値) 10%
残りの金額(£1以上の値。5万) 12%

2021年7月1日から9月30日までの間、新しい印紙税は2021年7月1日から9月30日までの間、2021年7月1日から9月30日までの間、2021年7月1日から9月30日までの間、2021年7月1日 ただし、これらのグループは、2016年4月に導入された3%の追加住宅税を支払う必要があります。 したがって、セカンドホームとバイ-ツー-let印紙税の税率は次のとおりです:

プロパティ値 SDLTレート
まで£250,000 3%
次の£675,000(£250,001から£250,001の間の値)£925,000) 8%
次の£575,000(£925,001から£1.5百万の間の値) 13%
残りの金額(£1.5百万の間の値) 15%

英国以外の居住者のための印紙税:

改正された印紙税の税率は、英国に居住していない人にも適用されます。 ただし、2021年4月に導入された2%の英国以外の居住者の追加料金を支払う必要があります。 つまり、このグループの現在のレートは次のとおりです:

プロパティ値 SDLTレート
まで£250,000 2%
次の£675,000(£250,001から£250,001の間の値)£925,000) 7%
次の£575,000(£925,001から£1の間の値。5万) 12%
残りの金額(£1.5百万の間の値) 14%

購入者が彼らの購入に関連して非英国居住者とみなされるかどうかを決定するために使用されるいくつかの要因があります。 詳細については、HMRCのウェブサイトのこのページをご覧ください。

どのように私は借りているどのくらいの印紙税を計算するのですか?

印紙税の計算は少し複雑になる可能性があるので、ここではそれがどのように機能するかを説明する例を示します:

£700,000で購入された不動産については、最初の£250,000に印紙税は支払われず、£250,001から£700,000に5%が支払われます。 これは22,500ポンドの印紙税を合計するでしょう。

詳細を調べるにはどうすればよいですか?

印紙税や購入プロセスの詳細については、当社の専門家の営業チームが喜んでお手伝いします。 お近くのマーシュ&をお探しの方はこちらからどうぞ。

また、あなたが支払う印紙税を決定するために、このようなHMRC電卓などの多くのオンライン計算機のいずれかを使用することができます。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。