外交政策、国家、国際世論とメディア:

亀裂の中で何が失われるのか?

外交政策、国家、世論(国内外)、メディアの行動は、複雑な関係のネクサスの中で混在している。 これらの関係は、グローバル化、技術の驚異、そして外部のled圧力によって変革されています。 これらの関係については、国際関係、外交政策分析、情報の分野でかなりの学術的研究が行われており、いくつかの定理が転送されています。 しかし、この論文では、メディアの位置と役割は流動的であり、エリートと複数の概念モデルの間でシフトしている間に、漸進的に変化する関係の分岐としての特異な適切なグランド/メソ理論は存在しないと主張している。 したがって、亀裂の中で失われるものは、文脈に応じて変化する。 この論文では、まず、調査中の重要な概念を取り巻く複雑な関係を解明し、ベトナムとイラクのケーススタディにおけるこれらの関係の経験的証拠を見て、これらの亀裂で正確に失われる可能性があるものを特定することを試みている。 利用される研究方法論は定性的であり、認識論は広く外部にあり、媒体としての媒体が構造に影響を与えるメディア環境における認知プロセスの重 存在論的な焦点は、この構築されたメディア環境、その関係、およびそれがどのように操作されるかにある。

ポスト-ヴェストファーレン系統の国際国家システムは、第一世界、第二世界、第三世界、東と西、グローバルな北とグローバルな南、または中心と周辺の様々な方法で概念化されるように進化してきた。 いかなる認識においても、国家は間違いなく主要な領土エンティティとして勝っている(Hughes、1997:71-75)。 アナーキーな国際システムの中での国家の取引は伝統的に中央集権化されており、外交政策は効果的に”一人で立つ”ことができる王子の道具である(Machiavelli、2003:33-36)。 しかし、外交政策は広い分野であり、”公式の対外関係の合計”(Hill、2003:3)であり、Gilboaはそれを”政策立案”と”相互作用と外交”、政策の実施(2002:732)の二つの段階に分けている。 外交は王子の領域であるかもしれないが、王子と政府の両方が同様に支持人口を必要とするので、”政策立案”は必ずしも”単独で”ではなく、外交政策は”外の世界のバッククロスに対して、社会が自分自身を定義する一つの方法”である(Hill,2003:5,emphasis added)。

自由民主主義は、国民に外交政策を精査する権限を与え、世論を”外交政策の実施における手段と要因の両方”としている(Tatu、1984:26)。 民主主義の原則は、政府が選挙とメディアoratedの懸念がツールである世論に対応すべきであることを要求している(Robinson、2008:139)、結局のところ、民主主義の中で政府を正当化するのは国民である。 世論は合理的または特異な俳優として考えるべきではありませんが、特異なコンセンサスでもなく、むしろ利益団体と大衆の集大成として多面的で

世論の三つの実現は、1)”知らせる知識の低レベル”、2)”多くの特定の問題に関する意見のボラティリティ”、および3)”基本的な態度構造の長期的安定性”(Hughes,1997:183)。 しかし、知識のギャップは、不安定で独断的なものを止めるものではなく(Hill、2003:263)、エリートが公的関与を警戒するかもしれないが、間違いなく彼らの民主的権利のままである。 この”権利”は、理論と実践で異なる可能性があります; すべての決定が国民投票によって国民に委任された場合、政策決定は「大多数の専制政治」の対象となる(Mueller、1995:167)。 国民が政策決定に何の発言権も持たず、すべての権力が政府の実施者に集中していれば、政策決定は「選出された独裁」の対象となる(Goody、2006:251)。 もちろん、”選出された独裁政権”の下でさえ、世論はまだ選挙日に”処罰”と”報いる”政党を通じて発揮されている(Robinson、2008:140)。

国民と国家および外交政策の行動との関係の中で、ニュースメディア(印刷新聞、テレビニュース、ラジオ、インターネットを含む)は一般的に”ゲートキーパー”と認識されている(Naveh、2002:5)。 自由報道は民主主義のために必要なものであり(開催、2006:280)、政府の「第4の財産」(Hill、2003:273)として概念化されており、「教育、情報提供、議論を促進するのに役立つ」(Smith and Dunne、2008:141)。 この役割では、”ジャーナリストは自分自身を公共の福祉の保護者と見なしている”と言われています(Graber、Powlick and Katz、1998:40)。 この倫理的な姿勢を遵守することは、客観性、真実、現実が戦うことができる”談話の世界”(1999:222)と呼ばれるものを作り出し、競合する言論行為の武器と鎧のた 現実には、もちろん、ニュースメディアは、メディア男爵(自分の権利でエリート)を独占し、気まぐれな短期主義(ヒル、2003:278)を通じて、完璧な民主的多元主義を実証 しかし、最終的には、ニュースメディアが一般に問題を提示すると、問題に対する関心レベルが上昇し、必然的に政府に圧力が及ぶことになる(Iyengar and Kinder、In Mueller、1994:130)。 州政府の観点からは、ニュースメディアのつぶやきは世論を意味することができます(Hill、2003:265)。

これらの関係のバランスは進化している。 二十一世紀になると、国際システムはややアナーキーではないように見えます; 人権などの外部体制や、国連(UN)や欧州連合(EU)などの超国家的ガバナンスは、宇宙のために国家と競争している(Hill、2003:34)。 グローバル化された相互接続性は重複するフレームワークを作成し、間違いなく州の自由を制限する(Hughes,1997:493)。 グローバル化はまた、2011年の”アラブの春”に見られるように、大規模な行動主義が国家政策にかなりの影響を与えることを可能にする世論を国際化するための非公式の自主主義を促進した(Scholte、2001:26)。 これは、変化を促進し、政府の努力を停止させるためにグローバルな情報ネットワークの中で運営されている非政府組織(Ngo)を装っている可能性があります(Aronson、2001:551)、または最近のソーシャルネットワーキングサイトの使用の急増のように、単に大衆文化主導である可能性があります。

おそらく、グローバル化は国家を弱める一方で、メディアを強める。 “コミュニケーションと国際問題における革命の変革”(ギルボア、2002: 743)情報技術が主な社会的権力源として土地と労働に取って代わった”情報社会”の台頭に拍車をかけている(Scholte、2001:20-21)。 グローバル化は、このように外交政策の実施の中でニュースメディアと談話のための新しいスペースを作成しました(Naveh、2002:11)。 CNNやアルジャジーラのような国際的なリーチの24/7ニュースネットワークのこの”情報社会”の中で、ニュースメディアは、問題に焦点を当てることによる”アジェンダ設定”、判断を指示することによる”プライミング”、問題の提示を調整することによる”フレーミング”、反対の物語を”偏向”することを含む技術のコンソーシアムを通じて影響を与えることができる(Robinson、2008:144-146)。

ニュースメディアの「ゲートキーパー」は、一般的に多元主義者であるか、エリートによって操作されていると概念化されています。 多元主義理論モデルは、上記の民主的理想であり、権力と影響力が分散し、メディアと国民が政治的操作から分離し、政府と外交政策を拘束することがで ガンジーが言ったように,

プレスの目的:人気のある感情を理解し、それに表現を与えること;もう一つは、人々の間で特定の望ましい感情を喚起することです;第三は、人気の欠陥を

実際には、印刷ジャーナリズムはしばしばテレビのニュースメディアの報道よりも党派的であると考えられている(Robinson、2008:142)が、欠陥を暴露し規制するために党派的な方法が必要になるかもしれない。

“CNN効果”は、24/7のニュースメディアが問題を飽和点に激しくフレーム化し、政府の行動を強制する定理である(Gilboa、2002:733、Hill、2003:273、Robinson、2008:138)。 党派のニューヨーク-タイムズの記事によると、それが取ったのは、”アフリカへのアメリカの関心を刺すために死んだ母親の上にすすり泣く大規模な墓と子供たちの光景”(New York Times、1994、In Moeller、1999:126)であり、ソマリアでの希望の回復作戦に拍車をかけた。 数年後,

ソマリアのモガディシュの通りを通ってドラッグされている死んだ米国レンジャーのテレビの写真は、可能な限り最も決定的な政策決定につながる、世論をrevuled:米軍の完全な撤退(McLaughlin、2002:196)。

これが世論を動員するニュースメディアに内在する力である。 ここで国家は主導権を失い、干渉から解放された国益を追求する能力を失う。

対照的に、エリート理論モデルは、「メディアと世論は政治的エリートに従属する」という民主的価値観とは正反対である(Robinson,2008:138-139)。 エリートモデルはむしろマキャヴェッリであり、外交政策は”王子”によって決定され、”外部権力との関係が支配下にあるならば、内政は常に支配下にある”(マキャヴェッリ、2003:59)。 西側の民主主義では、”CNN効果”はメディアを外交政策の支配的な代理店にし、政策立案者に取って代わったと主張されているが、メディアは独立しているか、州からのニュース議題である(Gilboa、2002: 732)? メディア男爵のようなエリートは、ハーマンとチョムスキーの”プロパガンダモデル”(Herman and Chomsky,1994:2)のように、政府に”印刷するのに適したニュースをフィルタリングする”能力を持っていることによって、”同意を製造する”ことができる。

独立したニュース-メディアは、依然として広告収入とエリート情報源に情報を依存しており、メディア-ウォッチドッグ機能から利益の衝突を引き起こしている。 したがって、メディアは、「行政に挑戦することに消極的であり、メディアは、重要なフィルタではなく、単に行政のための伝達手段となり得る」(Kull et al,2004:593)。 これは、政府が承認した物語を供給されている陸軍部隊内の埋め込まれたジャーナリストのようなもので見ることができます。 ニュースメディアがソマリアと同じように”曲を呼び出す”場合でも、政権の政府がどのように反応するかを制御することはできません(Robinson、2008:142)。 ここで民主的な価値観と客観性が危機に瀕しています。

民主主義は国民に反応する政府を負担すべきであるが、選出された役人は市民からの意思決定の負担を取り除き、効果的に”国を運営する”ために雇われている。ヒルズが指摘したように、”国民は通常、リーダーではなくフォロワーである”(2003:264)。 現在の「情報社会」の複雑さと、その社会の国際化された性質は、政府が誰をリードしようとしているかです。 潜在的に、エリートは今、外国のエリートに公共の圧力を作成し、したがって、外国の外交政策に影響を与える外交政策を制定するために、国内の観客に加えて、外国の国民をターゲットにメディアを使用することができます!

この「パブリック・ディプロマシー」を通じて、政府は、国際市民社会に直接影響を与えることを支持して、彼らの対応者を「バイパス」しようとすることができます。 実際には、これは「別の州の士気や信念」に影響を与えることによって、より微妙な形の宣伝や転覆です(Hill、2003:279)。 この意味では、それは軍事力ではなく文化的な力に頼って、強制とは対照的に魅力の利用である「ソフトパワー」の延長です(Nye and Owens、1996:21)。Nye and Owens、1996:21)。NYEとOwens、1996:21。 しかし、そのような方法は、他の州への干渉(主権の問題はもちろんのこと)を通じて倫理的な懸念を持っていると解釈することができますが、民主的な 複数からエリート主義の理論モデルのスペクトルによれば、”パブリック-ディプロマシー”は広くエリート主義であるが、カダフィのリビアでの市民社会主導の争いを和らげるなど、敵対的または非民主的な政権を弱体化させるために潜在的な破壊的な影響を使用することができる(Hill、2003:152)。

さらに振り返ってみると、フランスの敗北後のインド-中国へのアメリカのエスカレートする関与は、実際には複数の理論モデルの重要な実証となっており、ベトナムに対する国内支援を欠いていることが戦争努力を損なったと一般に考えられている(Robinson、2008: 140). これは、アメリカの国民が常に反戦であったと言うことではありません;ベトナムはむしろマキャベリのの制定です(2003)四百年前のエリート主義の格言,外交がある場合、内政が安定すること. しかし、1968年のテト攻勢の結果、ベトナムの外交は爆発し、戦争が泥沼に変わったため、内政はそれに続いた。 ここでニュースメディアはファシリテーターだった、”アメリカが戦争に行くとき、あまりにもプレスを行います”(Kalb、1994: 3)、そして1960年代までに情報技術の成長は、新たな”生き生き”(McLaughlin、2002:24)で報道陣に利益をもたらしました。 アメリカ国民はすぐに、ベトナム南部の都市、Dak ToとKhe Sanhの火災基地、アメリカ大使館と南部軍本部に対する壊滅的な攻撃について聞いた(Willbanks、2008:15-31)。

アメリカ政府の物語は、テト攻勢は”敗北した敵の絶望的な最後のあえぎ”であると転送した(Hilsman、1990: 51)、より多くの軍隊が必要であったが、戦争の努力が失敗していたためではなく、新たに発見された敵の弱点を利用するために(Willbanks、2008:203)。 しかし、政府は談話戦争を失い、世論が時流に乗ることができる優れたスピーチ行為で攻撃するニュースメディア。 ウォルター・クロンカイトのCBSニュースレポート「e are mired in stalemate」(Cronkite、Willbanks、2008:205)のチーフは、ジョンソンが次の大統領選挙のための競争を原価計算することで大部分が認定されることができます。 ヒルスマンが説明したように、アメリカの国民は今、”ベトコンは10フィートの高さであり、ベトナムのどこにでも打つことができる”と信じていた(Hilsman、1990:53)。 なお、外交政策に関しては世論調査はほとんど行われていないが、ベトナム症候群はこれを変更した(2003年:267)。 アメリカの防衛費でさえ、チャーリー・ウィルソン上院議員のアフガニスタンでの大義が人気を集める前に、戦争に対する国民の支持を低下させたことの影響として低迷した(Hughes,1997:187)。 オバマ大統領がアメリカ兵の送還された棺の放送映像の禁止を放棄したのは2009年の2月だけであり、否定的な世論を生み出すニュースメディアの影響を抑制するための措置である(Stone、2009)。

1990/1991年の湾岸戦争と2003年のイラク戦争は、実際のエリート理論モデルの興味深い例を提起する。 1991年の紛争はベトナムの記憶をベッドに置いたのに対し、2003年の紛争は復讐でそれを誘発した。 チョムスキーのメディア-プロパガンダの概念化によると、政府は1991年の湾岸戦争でニュース-メディアの手綱を握っており、記者会見からの情報が大気波と公 その結果、戦争は国内の観客に映画の形を取った。 1991年の戦争中にジャーナリストの情報を統制することは、批判的な質問をすることができないレベルに達した(Kalb、1994:3)。; したがって、ニュースメディアにおける多元主義の欠如による政府の物語のなすがままに、世論は戦争を”正しいと公正”としか見ることができなかった(Morrison、1992:93)。

2003年のイラク戦争では、英米両政府は再び、それぞれの国民にサダムとの戦争の必要性を納得させるために多大な努力を払った(Robinson,2008:140)。 これは審議的な行為であり、メディア操作:共同教義出版3-45などの英国の教義であった。1(2007)とMoDグリーンブック(2008),”英国の政策目標のための人気と政治的支持を確保する”ために国家の装置を利用(MoD,2007:1-2). しかし、メディア環境は変化していた。 メディアのエリートの鉄の把握は、ニュースネットワークからのより多くの複数によって2003年の紛争で弱体化しました。 アルジャジーラ、カタールベースの報道機関は、今、2003年のイラク戦争の彼らの報道で異なる、競合する物語を転送しました。 アルジャジーラは、イギリスとアメリカの政府の物語と矛盾し、民間人への戦争の負の影響を強調しました。 これは、これらの西側諸国政府によって批判されているブランドとしてのアルジャジーラを促し、彼らはアルジャジーラが談話の新しい戦いで敵対的な力のためのマウスピースであると非難した(Taylor、2003:101)。 英国の世論調査にもかかわらず、世論の大部分は2003年の紛争に反対していると描写され、ブレア首相は外交政策姿勢を維持した(Robinson、2008:141)。 2003年の戦争の理論的根拠を超えるニュースメディアの圧力について、ブレアは後に彼の本A Journeyに書いた(2010):

知性は間違っていたし、我々は持っている必要があり、私は、それを謝罪しました。 だから本当の話は物語であり、本当の話です。 しかし、今日の環境では、それはスキャンダルのそのセンセーショナルな、怒りを誘発する”うわー”要因を持っていません。 したがって、エラーは欺瞞になります。 そして、それは政治的議論を定義する政治とメディアの間のこの関係です(2010:463)。

おそらくブレアの”本当の物語”の物語は”物語”であり、”本当のもの”であった。 明らかなのは、ニュースメディア主導の多元主義がブレアの政府の物語を打ち破ったということです。 最終的にブレアは危険な状況に身を置いていた; マキャヴェリが教えたように、”王子は自分よりも強力な誰かと積極的な同盟に参加すべきではありません…あなたが勝利者であれば、あなたは彼の囚人

実証的研究を最新のものにするために、ガダフィのリビアに関する展開されている談話は、おそらく新たなひねりをもたらす。 ここでは、国際化された市民社会は、ニュースメディアの放送時間の多くを独占し、革命的な活力で中東と北アフリカ(MENA)地域を席巻しています。 西側主導の(アラブの要素を持つ)介入は、西側政府(特に英国とフランス)を行動に拍車をかけ、マスメディアが議題に焦点を当て、行動中の”CNN効果”と解釈することができた。 しかし、”パブリック-ディプロマシー”を念頭に置いて、この”砲艦人道主義”(Schofield、2011)の性質は、特にアラブとイスラム世界における最近の災難の後に、国際世論の前に自分自身をブランド変更しようとしているこれらの西側政府と解釈されるかもしれない。 フランスのニコラ-サルコジ大統領は、外国の国民に影響を与えることに加えて、フランスからの大規模な支持を獲得しており、彼の行動を”ド-ゴールの瞬間”と呼んでいる(Schofield、2011)。

これらの例で詳述された関係とそれらの”遊び”の分岐として、メディアの概念的な位置付けは確かに流動的なものであると推測することができ メディア関係の変化の結果は、概念を超えて超越し、民主主義の実践そのものに影響を与えます。 複数の理論モデルが実際に機能するためには、ニュースメディアは客観的でなければならない(Robinson、2008:141)が、政府はより大きな州の利益を追求することも ヒルは、ニュースメディアが門番としての地位に力を与えたり、大衆を形成することができる程度には限界がある(そしてそうでなければならない)と主張したように、健全なバランスを求めなければならない(2003:275)。 クラウゼヴィッツは、”その戦争は政治の継続であり、政治と社会が変化するにつれて戦争が変化した”(ブラウン、2003年)と有名に評価した。: 43),しかし、戦争は外交政策の唯一の努力です–進化する関係は、それらすべてに影響を与えます. だから、想定上の亀裂は何ですか? 理論的な複数モデルとエリートモデルの間のスペクトルにおけるメディアの位置がシフトする可能性があるという仮定では、亀裂はそのような動きの背後に開く割れ目である。 エリートモデルへのシフトは、客観性と民主的価値観の割れ目を開き、複数モデルへの動きは、民主主義のために肯定的ながら、国家のイニシアチブと国益を追求する国家の合理的能力の割れ目を意味する。 例えば、モエラーがルワンダの大量虐殺に対する行動の欠如を嘆いたように、”報道の亀裂を通って落ちる大量虐殺行為があります…特定のロケールはちょうどカットをしない”(1999:227)。 ルワンダへの介入は西側諸国の利益ではなかったが、そのような客観性の隙間の下で、民主的な国民は優先順位を付けるために制御を失う。

結論として、ニュースメディアは、国家の外交政策装置と国家の政治家との間の仲介者の立場において重要な権力を保持している。 グローバル化と世論の国際化は、この関係が永続的にシフトするために作成します。 分岐として、「CNN効果」や「プロパガンダモデル」のような特異な定理は説明には不十分である。 ベトナムが示すように、民主主義の中で世論は考慮されるべき力であり、メディアは熟達したファシリテーターとして働くことができます。 しかし、これは国家の主導権を制約することができます。 湾岸戦争が示すように、州のエリートは確かに国民のコンセンサスを導き、強制することができます。 しかし、これは間違いなく民主主義の原則と客観性に違反しています。 さらに、2003年のイラク戦争に見られるように、彼らは常にこの能力を頼りにすることはできません。 情報革命を通じて、国民はかつてのように悪い情報ではなく、態度の構造は依然として長期的な安定性を示すことができますが、適切に枠組された問 時には、”尾が犬を振る”。 ベネットが適切に主張しているように:

oreign政策は、かつてはピンストライプ官僚やビジネスエリートのプライベートドメインであり、脅威、約束、戦争、スパイ、外交の灰色の世界は、新しい通信技術とグローバルメディアシステムの組み合わせによって変容している可能性がある(1994:12)。

参考文献

Aronson,J.(2001)’The Communications and Internet Revolution’,In Baylis,J.And Smith,S.(eds),The Globalization of World Politics,(2nd ed),Oxford University Press:New York,pp.540-558

Assinder,N. (2003年)”ブレア-バトルの”プードル”ジブス”、BBC、でhttp://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/2721513.stm,

Bennett,W.And Paletz,D.(eds)(1994)Taken By Storm:The Media,Public Opinion,and U.S.Foreign Policy in The Gulf War,University of Chicago Press:Chicago

Blair,T.(2010)A Journey,Hutchinson:London

Brown,R.(2003)’Clausewitz in THE Age of CNN:Rethinking The Military-Media Relationship’,In Norris,P.,Kern,M.And Just,M.(eds)framing terrorism:the news Media,The Government And The Public,Routledge:LONDON

gergen,K.(1999)An Invitation To Social Construction,Sage: ロンドン

Gilboa,E.(2002)’Global Communication and Foreign Policy’,Journal of Communication,Vol. 52,No.4,pp.731-748

Goody,J.(2006)The Theft of History,Cambridge University Press:Cambridge

Herman,e.and Chomsky,N.(1994)Manufacturing Consent:The Political Economy of The Mass Media,Vintage:London

Held,D.(2006)Models of Democracy,Stanford University Press:Stanford

hill,c.(2003)the changing politics of foreign policy,palgrave macmillan:New York

Hilsman,R. (1971)The Politics of Policy Making and Foreign Affairs,Columbia University Press:New York

Hilsman,R.(1990)The Politics of Policy Making in Defence and Foreign Affairs:Conceptual Models and Bureakratic Politics,2nd ed,Prentice Hall Inc:New Jersey

Hughes,B.(1997)Continuity and Change in World Politics:Competitive Perspectives,(3rd ed),Prentice-Hall International:London

kalb,m.(1994)’A View From The Press’,In Bennett,W.And Paletz,D.(Eds)Taken By Storm:The Media,Public opinion,And U.S. 湾岸戦争における外交政策,シカゴ大学プレス:シカゴ

Kull,S.,Ramsay,C.And Lewis,E.(2004)’Misperceptions,The Media,and The Iraq War’,Political Science Quarterly,Vol. 118,No.4,pp.569-598

MacArthur,J.(2004)Second Front:Censorship and Propaganda in the1991Gulf War,University of California Press:Berkeley

Machiavelli,N.(2003)The Prince,Penguin Books Ltd:London

McLaughlin,G.(2002)The War Correspondent,Pluto Press:ロンドン

mill,j.(1869)on liberty,longmans:ロンドン

Moeller,S. (1999)思いやり疲労:メディアが病気、飢饉、戦争、死をどのように売るか、Routledge:New York

MoD. (2007)’Joint Doctrine Publication3-45.1:Media Operations’,The Development,Doctrine and Concepts Centre,Ministry of Defence:Shrivenham

MoD. (2008)The Green Book:Mod Advice to Journalists,Ministry of Defence:Shrivenham

Morrison,D.(1992)Television and The Gulf War,John Libbey and Company:Whitstable

Mueller,J.(1994)Policy and Opinion in The Gulf War,University of Chicago Press:Chicago

Mueller,J.(1995)Quiet Cataclysm: Reflections on the Recent Transformation of World Politics,Harper Collins:London

Naveh,C.(2002)’The Role of The Media in Foreign Policy Decision-Making:A Theoretical Framework’,Conflict and Communication Online,Vol. 1件中2件目1-14件目www.cco.regener-online.de,

Nye,J.and Owens,W.(1996)’America’s Information Edge’,Foreign Affairs,Vol. 75,pp.20-36

Powlick,P.and Katz,A.(1998)’Defining the American Public Opinion/Foreign Policy Nexus’,Mershon International Studies Review,Vol. 42,pp.29-61

Robinson,P. (2008)’The Role of Media and Public Opinion’,In Smith,S.,Hadfield,A.and Dunne,T.(eds),Foreign Policy:Theories,Actors,Cases,Oxford University Press:Oxford,pp.137-154

Schofield,H.(2011)’Is Libya Sarkozy’S De Gaulle Moment’,BBC News,Paris,at www.bbc.co.uk/news/world-europe-12863616,

Schulte,J.(2001)’The Globalization of World Politics’,In Baylis,J.and Smith,S.(eds),The Globalization of World Politics,(2nd ed),Oxford University Press:New York,pp.13-33

Schultz,J.(1998)Reviving The Fourth Estate: Democracy,Accountability and The Media,Cambridge University Press:Cambridge

Seib,P.(2005)’Hegemonic No More:Western Media,The Rise of Al-Jazeera,and the Influence of Diversity Voices’,International Studies Review,Vol. 7,pp.601-615

Smith,A.(1980)The Geopolitics of Information,Latimer Trend:Plymouth

Smith,S.and Dunne,T.(2008),Foreign Policy:Theories,Actors,Cases,Oxford University Press:Oxford

Stone,A.(2009)’米軍の写真の禁止’棺が持ち上げられた’、usaトゥデイ、でwww.usatoday.com,

(1984)政策立案者のための手段と終わりの両方としての世論’,In The Conduct of East-West Relations in the1980S:Part III:Papers from THE IISS25th Annual Conference,International Institute of Strategic Studies:London,pp.26-32

Taylor,P.(2003)”We Know Where You Are’:Psychological Operations Media During Enduring Freedom’,In Thussu,K.and Freedman,D.(eds)War and The Media,Sage Publications:ロンドン

Willbanks,J.(2008)the Tet offensive:a concise history,columbia university Press:new York

によって書かれた: James Flint
執筆者:University College London
執筆者:Dr.Elisabetta Brighi
執筆日:2011年4月

E-International Relationsに関する更なる読書

  • イスラム国家:人身売買、メディア、および政策のセレブリティ化
  • 戦略は冒涜ではない:外交政策の要素としての国家テロリズム
  • ユーロ圏危機とCsdp:世論の問題
  • 「ほぼ完璧」:官僚政治モデルと米国 外交政策
  • 国家のアイデンティティが米国の外交政策にどのように影響するか
  • リスボン条約後のEUの外交政策における能力-期待ギャップ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。