インドネシアの国営エネルギー会社PT Pertaminaは、パーム油からディーゼルやジェット燃料などの石油製品を製造する計画を明らかにした。
世界最大のパーム油生産国であるインドネシアは、パーム油含有量30%のバイオディーゼル計画をb30と呼んでいるが、政府はエネルギーへの植物油の使用拡大を熱望している。
Ifki Sukarya、シニアPertamina関係者は、”グリーンディーゼル”は、遊離脂肪酸を除去し、色や臭いを除去するために精製されたパーム油である精製、漂白、脱臭パーム油(RBDPO)を使用していると述べた。
もう一つの製品は、精製、漂白、脱臭パーム核油(RBDPKO)を使用した持続可能な航空燃料です。
ロイター通信によると、プルタミナは一日あたり3,000バレルのRBDPOを処理し、d100バイオディーゼルを生産するという。
その後、2022年12月からバイオディーゼルまたはジェット燃料を製造するために、1日あたり6,000バレルのパーム原油を処理する。
Ifkiは、ジャワ島のCilacap製油所におけるグリーンディーゼルとジェット燃料の生産能力は、2023年から増加する可能性があると述べた。
バイオディーゼルは炭素排出量を大幅に削減することを約束しているが、パーム油を栽培するために行われている土地のクリアランスは、森林破壊に

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。