日曜大工(DIY)ブレースは、まさに彼らがどのように聞こえるかです:歯科専門家ではない人が自分の歯に適用することを決めたブレース。 DIYブレースは、歯を近づけるために一緒に結ばれた「ギャップバンド」(ゴム製のヘアバンド)を使用して、それらの間の隙間を閉じるなど、多くの形で来ることができます。 バンドは、多くの場合、一つの歯の周りに置かれ、他のバンドに縛られ、その後、端が一緒に近づくためにそれらを奨励するために別の歯に固定されてい

人々はDIYブレースについてどのように学んでいますか? 通常、彼らは他の人がこれを自分でやった方法を説明し、同じ手順に従うビデオチュートリアルをオンラインで見つけるかもしれません。

DIYブレースを試している人は、誰かの口の中ではなく、事務用品店で見ることができる他の組み合わせを使用することがあります。 接着剤およびペーパークリップのような項目はまたDIYの支柱の個人指導で使用された。 イヤリングの背部は支柱ブラケットの代わりに一般的ペーパークリップを握るために使用されます。

長年にわたって浮上しているDIYブレースのより高度なテイクは、3Dプリントを含みます。 少なくとも一つのよく知られているDIYブレースの作成者は、時間をかけて彼の歯をシフトするために、彼が作った印象とプラスチック金型を使用して、彼自身のブレースを作成するために3Dプリンティング技術を使用しています。 多くの人がこのプロジェクトを引き受けたことを賞賛していますが、矯正歯科医はこれを、ハードウェアがどれほど洗練されていても、人々が自宅で試

一般的に、DIYブレースをしようとする人は、よりまっすぐな笑顔にステップに従うことができると思う十代の若者や若い大人です。 どのような場合でも、矯正歯科医は、それが危険である可能性があるだけでなく、永久的な損傷につながる可能性があるため、この練習をサポートしてい

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。