ネットワークの問題をトラブルシューティングする際には、さまざまな潜在的な問題を調査する必要があります。 潜在的な問題の1つは、ARPキャッシュに不正なデータが含まれていることです。 このシナリオは非常にまれであり、ほとんどの場合、ユーザーが何らかの目的で独自のARPキャッシュを編集したことが原因で発生します。 しかし、問題がどのように発生したとしても、それはまだ修正する必要があります。 では、ARPキャッシュとは何ですか?

ARPキャッシュとは何ですか?

ARPはAddress Resolution Protocolの略で、IPアドレスをMACアドレスに解決し、ローカルネットワーク経由の通信にのみ使用されます。 ARPキャッシュには、ローカルIPアドレスのルーティング情報が格納され、外部リソースのゲートウェイへのデフォルトルートが格納されます。

ARPキャッシュは、ローカルネットワーク上のデバイスのみが変更できます。 ARPメッセージはローカルネットワーク全体にブロードキャストされ、ARPメッセージを表示できるすべてのデバイスは、最新の情報に一致するようにARPキャッシ したがって、デバイス上のキャッシュへの変更は、ユーザー、またはネットワーク上の任意のデバイス上の潜在的にウイルスによって行われる可能性があ ローカルネットワーク外のユーザーがARPキャッシュを直接変更することはできません。

ヒント:ARPキャッシュを手動で変更すると、ネットワークの問題が発生する可能性があるため、軽く行うべきではありません。

ARPキャッシュをクリアする必要がある最も可能性の高い原因は、デバイスのユーザーが問題を修正しようとして値をハードコードし、偶然に悪化させるこ

ARPキャッシュをクリアする方法

ARPキャッシュをクリアするための最初のステップは、管理者特権でコマンドプロンプトを開くことです。 Windowsのスタートバーを開き、”CMD”と入力し、コマンドプロンプトを右クリックし、”管理者として実行”を選択します。

管理者特権のコマンドプロンプトを開きます。

昇格されたコマンドプロンプトで、コマンド”arp-a”を入力してARPキャッシュを表示し、ARPキャッシュをワイプします。”arp-d”コマンドを実行します。 -AフラグはARPキャッシュを表示するようにプログラムに指示し、-dフラグはキャッシュを削除するように指示します。

AフラッシュされるARPキャッシュの前後。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。